不動産投資信託をするには物件の種類を知ろう

積木

投資を成功させるために

パーキング

不動産投資を通して安定した利益を上げたい場合に、は駐車場をつくって不動産の価値を高めてみることをおすすめします。また、駐車場はどんな風にしたいかにもよりますが、シンプルなものでいいのであれば自分で工事をすることも可能です。

もっと詳しく

安定した不動産投資です

家

不動産投資におけるリスク回避の手段がサブリースです。実際の賃料とは無関係に安定した賃料が得られるからです。サブリースの契約をする相手は大手の企業にすることが安心です。建築を請け負うゼネコンもサブリースをしています。

もっと詳しく

不動産投資をお考えの方

アパート

不動産投資が好調になってきている現在、みんなで大家さんという投資運用会社に人気が高まっています。利回りの良さや手数料が掛からないこと、システムや保証の内容などが魅力です。個別の説明会も定期的に開催しており、疑問点をすぐに尋ねられるようになっているので安心です。

もっと詳しく

人気の投資商品です

住宅

物件種類が豊富です

上場不動産投資信託にはいろいろな種類があります。それぞれの特徴を押さえることで、上場不動産投資信託を利用して、自分にあった投資スタイルを確立することを目指してみましょう。上場不動産投資信託を分類する際に、まず注目するべきは物件種類です。上場不動産投資信託が投資対象としている物件には、オフィスビルやマンション、物流施設、データセンター、老人ホームなどがあります。これらの収益物件のいずれかを専門的に扱っている銘柄もあれば、複数の種類を保有している銘柄もあります。多くの物件種類に分散投資している銘柄に投資をすれば、リスク分散になりますし、時期を見計らって特定の種類の収益物件に投資をしている銘柄を選べば、大きなキャピタルゲインを得られるチャンスが生まれます。

銘柄を選別しよう

上場不動産投資信託は投資をしている収益物件によって投資口価格の動きが多少異なってきます。例えば、オフィスビル系の上場不動産投資信託は、景気の好不況と共に、その投資口価格が大きく動きます。これはオフィス賃料が好景気の時には強気に設定できるものの、不景気になるとフリーレントまでしてテナントを募集することになるからです。また、マンションの場合には、家賃が景気の変動に大きく影響しないので、投資口価格はオフィスビル系の上場不動産投資信託に比べれば、比較的緩やかに推移をします。キャピタルゲインを狙いたいならオフィスビル系、安定した収入を確保しようとしているのであれば、マンション系の上場不動産投資信託を買うとよいです。